農業関連の温暖化ガス増加へ〜土地の開墾が要因と研究者

 世界の温室効果ガス(GHG)排出量の約30%は食料生産に起因し、そのうち21%は農業のための森林伐採や土地の開墾から生じているという調査結果を、ミネソタ大学の環境研究所が発表した。
 
 食料関連情報サイトのフード・タンクによると、調査報告書は、食料生産のための土地開拓が今のペースで続けば、土地の転用だけで排出量は2050年に現在の30%以上増加すると予想している。ミネソタ大は、国連食糧農業機関(FAO)が運営する統計データベース(FAOSTAT)の最新排ガスデータを使って分析した。FAOSTATによると、14年は農業に起因したGHG排出量が過去最高に達し、主要GHGの二酸化炭素(CO2)は52億5000万トン相当を記録した。
 
 00〜12年に伐採によって失われた熱帯林の約50%はブラジルとインドネシアが占めた。木は幹や枝、根にCO2を蓄えており、畜産や農業用に土地を切り開くとCO2が大気中に放出される。世界で排出されるGHGの10%は森林伐採から生じており、森林伐採の75%は農業のための開墾で、米国や中国などの開発国は、肉、パーム油、木材、大豆などを消費することで間接的に森林伐採を促進させている。
 
 CO2の300倍も温室効果が強い窒素酸化物(NOx)も、人間の排出量の60%が農業に起因しており、主に非効率的な肥料の使用が原因で、中国、インド、米国の3カ国で排出量の55%以上を占める。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る