農業関連の温暖化ガス増加へ〜土地の開墾が要因と研究者

 世界の温室効果ガス(GHG)排出量の約30%は食料生産に起因し、そのうち21%は農業のための森林伐採や土地の開墾から生じているという調査結果を、ミネソタ大学の環境研究所が発表した。
 
 食料関連情報サイトのフード・タンクによると、調査報告書は、食料生産のための土地開拓が今のペースで続けば、土地の転用だけで排出量は2050年に現在の30%以上増加すると予想している。ミネソタ大は、国連食糧農業機関(FAO)が運営する統計データベース(FAOSTAT)の最新排ガスデータを使って分析した。FAOSTATによると、14年は農業に起因したGHG排出量が過去最高に達し、主要GHGの二酸化炭素(CO2)は52億5000万トン相当を記録した。
 
 00〜12年に伐採によって失われた熱帯林の約50%はブラジルとインドネシアが占めた。木は幹や枝、根にCO2を蓄えており、畜産や農業用に土地を切り開くとCO2が大気中に放出される。世界で排出されるGHGの10%は森林伐採から生じており、森林伐採の75%は農業のための開墾で、米国や中国などの開発国は、肉、パーム油、木材、大豆などを消費することで間接的に森林伐採を促進させている。
 
 CO2の300倍も温室効果が強い窒素酸化物(NOx)も、人間の排出量の60%が農業に起因しており、主に非効率的な肥料の使用が原因で、中国、インド、米国の3カ国で排出量の55%以上を占める。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る