大都市は地方より健康的〜活動的な生活促す施設が充実

 大都市の生活には狭い家や大気汚染、交通渋滞などが付き物だが、住民にはジョガー、サイクリスト、そのための公園なども多く、小さな都市に比べて健康的と結論づける調査結果が発表された。
 
 クリスチャン・サイエンス・モニターによると、調査はギャロップとヘルシーウェイズが「State of American Well-Being(米国の健全性教書)」シリーズの一部として行った。国内48都市に住む人々の身体の健全性を分析した結果、大都市のインフラが住民の活動的な生活を促進し、全般的に健全性や幸福度を向上させていることが分かった。
 
 身体的な運動を促進するには、車に乗らず外出しやすい環境が必要で、徒歩や自転車で移動できるか、交通網や公園などのインフラが整備されているか…といった要素が関わってくる。ヘルスウェイズのダン・ビュートナー氏は「歩いて買い物に行く、自転車で友人の家にいく、新鮮な野菜・果物を買うといったことが簡単にでき、周囲の健康志向も強いところで、人々を健康的な活動に促す政策があれば、楽に健康的な生活を選択できることが多い」と話す。
 
 48都市のうち活動的な生活を促すインフラが最も整った5都市は健康度や幸福度も高く、トップ5はボストン、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、ワシントンDCだった。整備の水準が低かったのはオクラホマ州タルサ、ノースカロライナ州ダラム、インディアナ州インディアナポリス。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る