アマゾン、自動車部品に進出〜大手メーカーと相次ぎ契約

 オンライン小売り大手アマゾンは、2017年中に国内最大のアパレル小売店になる可能性が高いが、次に狙っているのはアフターマーケット自動車部品市場ではないかと見られている。
 
 ニューヨーク・ポストが関係筋の話として伝えたところによると、同社は最近、ロバート・ボッシュ、フェデラル・モーグル、ドーマン・プロダクツ、カードン・インダストリーズといった国内の大手部品メーカーと相次いで販売契約を結んだ。この結果、オライリー・オート・パーツやアドバンス・オート・パーツ、オートゾーンといった自動車用品の小売りチェーンに影響を与える可能性が出てきた。
 
 米国自動車部品工業会(MEMA)の代表によると、アマゾンは部品の地域配給業者を買収する可能性もあるという。
 
 アマゾンは16年9月期、1280億ドルの売り上げを計上しており、今年は自動車部品事業を50%以上拡大して50億ドルに伸ばす可能性がある。同社は最近、有名ブランドの品ぞろえを増やして実店舗主体の同業より安く売っており、例えばレッドトップの34シリーズ・オプティマ・バッテリーは、オートゾーンでは216ドルだが、アマゾンでは166ドルで販売している。
 
 一方、アマゾンは同じ部品でもメーカーへの支払額が30%多いこともあるため、メーカーは既存の小売店大手よりアマゾンになびいている。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る