中国、強硬策エスカレート 見えぬ落としどころ

 【共同】日本政府による沖縄県・尖閣諸島国有化以降、中国の反日デモが活発化、週末の15、16両日に各都市で大規模化する可能性が高い。最高指導部が交代する共産党大会を来月にも控え「国内の安定」を最重要課題としてきた中国指導部がどこまで強硬策をエスカレートさせるのか。落としどころは見通せない。

 胡錦濤国家主席が9日、国有化に「断固反対する」と表明して… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る