グーグル、アンドロイド・アプリのバグ探しに賞金

 グーグルは、アンドロイド端末向けにアプリケーションなどのコンテントを販 売する「グーグル・プレイ」ストアからのバグ(ソフトの欠陥)排除を目的に、 アンドロイド系アプリの欠陥を見つけたセキュリティ専門家に賞金を提供する催 し「Google Play Security Reward Program」を開始する。
 
 ロイター通信によると、8年前に立ち上げられたグーグル・プレイのアプリに は、競合するアップルの「アップ・ストア」に比べマルウェア(不正ソフト)な どの問題がはるかに多いといわれており、催しではグーグル・プレイの自動検出 システムを強化するため、グーグルが欠陥1件当たり少なくとも1000ドルを支払 うという。
 
 バグのバウンティ・プログラム(賞金制度)を運営するウェブサイト、ハッカ ーワン(HackerOne)と提携して、ユーザーをフィッシング(偽装詐欺)サイト に誘導したり、端末をウイルスに感染させたりするアプリや欠陥などを標的にす る。グーグル・プレイのビニート・ブッチ商品管理責任者は「本当に巧妙な工作 を見つける能力では、ソフトウェアのスキャンは人間に及ばない」と話してい る。
 
 これまでマイクロソフト、アップル、アルファベットの同種の催しでは、自社 が開発したソフトウェアの欠陥だけに賞金を払ってきたが、今回は実質的に、他 社が開発したソフトのチェックにも資金を提供することになる。ブッチ氏は「自 社のアプリだけではなく、市場全体の健全性を考えている。個人的には知らない 行方不明者を見つけた人に賞金を提供するようなもの」と説明している。
 
 グーグルが2015年6月に立ち上げた携帯端末用基本ソフト(OS)「アンドロイ ド」を対象とするバグ・バウンティ・プログラムでは、最初の2年間に数百件の 弱点が指摘され、同社は150万ドルを払っている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る