自動運転車に歩行者体当たり〜カリフォルニア州、「憎悪」が理由か

 自動運転車も他人から怒りを買い、事故に巻き込まれる恐れがあることが、カリフォルニア州陸運局の事故報告書で分かった 。
 
 オートモーティブ・ニュースによると、自動運転車の公道試験を認めている加州で2018年に起きた自動運転車絡みの衝突事故は現在7件あり、そのうち2件はいずれもサンフランシスコ市内で試験走行中の「シボレー・ボルト(Bolt)」に腹を立てた歩行者やドライバーが起こした事故だった。
 
 1月2日の事故では、GMの自動運転車開発部門クルーズ・オートメーションが所有するボルトが、前方は青信号だったが横断中の人がいなくなるまで停止していた。その後、別の歩行者が横断歩道は赤信号だったにもかかわらず大声で叫びながら道を渡り始め、そのままボルトのリアバンパーとハッチに全身を投げ出してテールライトを傷つけた。
 
 数週間後、クルーズ・オートメーションのドライバーが操作して走行していた別のボルトは、前を走っていたタクシーに道を塞がれ止められた。タクシーの運転手は車外に出て、ボルトの助手席側の窓を叩き、すり傷をつけた。いずれの事故もけが人はなく、警察への通報もなかった。
 
 その他の5件の事故はどれも軽微だった。うち4件は他の車両のドライバーに原因があり 、1件はソフト開発企業Drive.aiが所有する日産「NV200」が、人の運転で走行中、建設機材の一部にぶつかったという内容だった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る