自動運転車に歩行者体当たり〜カリフォルニア州、「憎悪」が理由か

 自動運転車も他人から怒りを買い、事故に巻き込まれる恐れがあることが、カリフォルニア州陸運局の事故報告書で分かった 。
 
 オートモーティブ・ニュースによると、自動運転車の公道試験を認めている加州で2018年に起きた自動運転車絡みの衝突事故は現在7件あり、そのうち2件はいずれもサンフランシスコ市内で試験走行中の「シボレー・ボルト(Bolt)」に腹を立てた歩行者やドライバーが起こした事故だった。
 
 1月2日の事故では、GMの自動運転車開発部門クルーズ・オートメーションが所有するボルトが、前方は青信号だったが横断中の人がいなくなるまで停止していた。その後、別の歩行者が横断歩道は赤信号だったにもかかわらず大声で叫びながら道を渡り始め、そのままボルトのリアバンパーとハッチに全身を投げ出してテールライトを傷つけた。
 
 数週間後、クルーズ・オートメーションのドライバーが操作して走行していた別のボルトは、前を走っていたタクシーに道を塞がれ止められた。タクシーの運転手は車外に出て、ボルトの助手席側の窓を叩き、すり傷をつけた。いずれの事故もけが人はなく、警察への通報もなかった。
 
 その他の5件の事故はどれも軽微だった。うち4件は他の車両のドライバーに原因があり 、1件はソフト開発企業Drive.aiが所有する日産「NV200」が、人の運転で走行中、建設機材の一部にぶつかったという内容だった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る