外国人に低価格医療保険サービスを提供 〜シリコン・バレー企業と東京海上が提携

 財務サービスおよび保険サービス提供のシリコン・バレー新興企業セイフティーウィング(SafetyWing、パロ・アルト拠点)は、外国在住者に低価格医療保険を提供するオンライン・サービスを立ち上げた。
 
 テッククランチ誌によると、ノルウェイ出身の起業家3人が設立した同社は東京海上と提携し、緊急治療向けのいわゆる外国旅行者医療保険を外国に住む人たちに販売する。
 
 加入者が払う保険料は、米国以外では月額37ドル、在米外国人の場合には32ドルが加算され69ドル。米国の医療費が極端に高いことが理由だ。
 
 保険対象は受診費用と処方薬代金で、予防治療目的の医療費や薬、そのほか、がんや糖尿病のように個人が以前から抱える疾患は対象外。
 
 若い世代のなかには、世界を転居しながらインターネットとデジタル機器を使って仕事する「ノーマッド(nomad)族」(定住場所を持たずに移動し続けながら放牧する民族を意味する言葉の転用)が増えている。
 
 セイフティーウィングは、そういった人たちを標的市場にした医療保険サービスの構築と同時に、米国内で働く多くの無保険外国人に保険を提供することを狙っている。米国の場合、特に農業に従事する外国人にとって、セイフティーウィングの保険がもっとも安い選択肢となる。同社では、同社の保険サービスの潜在的市場規模が世界で2500万人ほどと見積もっている。
 
 同社は、新興企業育成サービス大手のYコンビネーターを含む複数のベンチャー・キャピタル会社から総額50万ドルの立ち上げ資金を調達している。そのなかには、ノルウェイの政府機関が運営する革新ノルウェイ基金も含まれる。
 
 【https://techcrunch.com/2018/03/06/foreign-workers-can-now-get-health-insurance-abroad-with-this-new-startup/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る