米20代の詐欺被害件数、高齢者より多い 〜被害額は高齢者よりはるかに小さい

 米国では金銭詐欺の被害率が高齢者よりも若者の方で高いということが、連邦取引委員会(FTC)のデータで明らかとなった。
 
 USAトゥデイ紙によると、2017年には20代の詐欺被害者の40%が金銭を騙し取られた一方、70代以上の被害者ではその割り合いは18%にとどまった。ただ、被害額は高齢者の方が大きく、20代被害者の中央値が約400ドルだったのに対し、70代では621ドル、80歳以上では1092ドルだった。オンライン詐欺行為の激増がその背景にある。
 
 FTCが年齢別の詐欺被害状況を発表したのは今回が初めて。
 
 2017年にFTCに報告された詐欺やID盗難、そのほかの消費者問題に関する苦情の総数は267万件で、2016年の298万件から減少した。そのうちもっとも多かったのは、負債の取り立てに関するもので、その件数は前年より減ったものの全体の23%を占めた。
 
 2番目の被害はID盗難で、全体の14%近くを占めた。ID盗難のもっとも一般的な手口は、クレジット・カードの不正使用で、次が税金に関する詐欺。
 
 3番目に大きな被害内容は、政府関係者または困っている家族や知人を装ったなりすまし詐欺で、被害額はどの詐欺よりも多く、その総額は3億2800万ドルに上った。米軍関係者らは、なりすまし詐欺によって総額1600万ドルの被害にあっている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-12-3

    永住権放棄後の 帰国居住者ビザ(SB-1)申請(パート①)

     アメリカ国外に居住することを選択した永住権(グリーンカード)保持者が、外国に住みながらグリ...
  2. 2017-4-2

    米国での日本食の在り方は 今後10年でさらに変わる

    金融から食の世界へ  西本Wismettacグループに参画し、今年で7年目となります。...
  3. 2015-5-20

    裏ななつ星紀行~高野山編 第一話

     子どものころには、家の近所でもしばしばお遍路さんの姿を見かけた。いまでもおぼえているのは年...
  4. 2018-2-7

    第65回 学校の環境とそこでの出会い

    2017年秋、南カリフォルニア日系商工会議所の前会頭だったキティ・サンキーさんが、長年の地元...
  5. 2016-10-1

    「夢はたくさんあり過ぎて どれかひとつは選べない」

     この原稿を書いている時点では、まだ発表されていない2016年のエミー賞。テレビ界のアカデミ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る