5人に1人が「次はEV」〜AAAの米ドライバー調査

米消費者の間で電気自動車(EV)の購買意欲が高まっていることが、全米自動車協会(AAA)の最新調査で分かった。
 
■維持費の安さや最新機能
 
 エレクトリック・カーズ・リポートによると、AAA調査では、運転免許取得者の20%に相当する5000万人が「次に購入する車はEVにする可能性が高い」と答え、2017年の15%から大幅に増えた。AAAはEVの長所として、所有コストが平均より安い、航続距離が伸びた、先進安全機能が搭載されている…などを挙げている。
 
 AAAのグレッグ・ブラノン自動車工学ディレクターは「今やEVは主流を引き付ける魅力を持っている。購入動機の大部分は依然として環境に優しいところだが、米ドライバーは長期的なコストの低さや、多くのEVで提供されている最新機能にも引かれている」という。
 
■レンジ不安もかなり緩和
 
 米国人のEV評価が高まっている要因の1つは、航続距離に関する不安の緩和だ。「次の車にEVを選ばない」という人が挙げた理由は、「充電施設が不十分」が63%(17年から6ポイント低下)、「走行中の電池切れが心配」が58%(同10ポイント低下)だった。ただ、航続距離に関する不安の度合いは世代によって異なり、X世代は64%、ベビーブーマー世代は66%だったのに対し、Y世代(ミレニアル)は48%にとどまっている。
 
 EVやハイブリッド車(HV)を買うつもりがある人のうち、重要な判断基準として「航続距離」を挙げたのは87%に上ったが、それより高い92%が「信頼性」を挙げた。また、衝突事故安全調査の結果(77%)、コスト(71%)、加速やハンドリング(69%)、自動緊急ブレーキや車線逸脱防止システムのような先進安全技術(60%)を挙げる人も多かった。
 
 これに対し、スタイル、色、デザインが最も重要と考える人は34%と少なく、車のブランドを挙げる人は33%だった。
 
 いずれにしても、EVが大規模に普及するには適切なインフラの構築が不可欠になる。国内の充電ステーション数は18年現在で1万6000カ所を超えているが、外出中に充電する場合の妥当な待ち時間としては68%が「30分以下」と考えており、現実との間に差がある。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)
 
■「モデルX」が高評価以下は、AAAが評価した18年の「Top Green Vehicle」(左は区分、右は車種)。
 
 全体:テスラ・モデルX 75D
 サブコンパクトカー:シボレー・ボルトEVプレミア
 コンパクトカー:日産リーフSL
 中型車:BMW530e iパフォーマンス大型車:テスラ・モデルS 75
 ピックアップ・トラック:フォード・F-150 4×4 XLT スポーツSUV/ミニバン:テスラ・モデルX 75D
 3万ドル未満のベストカー:キア・ニロ LX
 3万〜5万ドルのベストカー:シボレー・ボルトEVプレミア
 5万ドル以上のベストカー:テスラ・モデルX 75D

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る