アリババ、フォード、ボルボ、ボッシュとモビリティで提携

アリババグループは、フォード、ボルボカーズ、ボッシュとのパートナーシップを発表した。

アリババグループの一員、アリババクラウドはボッシュと提携し、中国でバレーパーキングの自動化事業を導入する。また、両社は中国で接続モビリティの事業化を模索していくことに合意した。

アリババグループの別の会社、アリババAIラボはボルボカーズと提携し、人工知能(AI)を使ったスマートアシスタントのTmall Genie Autoの助けを借りて自分の車から照明や温度システム、家電機器などのスマートホームデバイスを、19年から監視、制御できるようになる。

また、アリババグループはフォードと提携して、SUVクーガにモノのインターネット(IOT)オペレーティングシステム、AliOSを今年後半から搭載する。クーガは10.4インチのセンター画面を持ち、AliOSのソフトウェアで様々な機能を実現する。

3つの戦略的パートナーシップは、アリババグループの自動車業界への関心の高まりを反映している。18年だけでも、アリババは、コネクテッドカー、EV、自動走行車の分野で、アウディ、BMW、ダイムラー、フォード、ホンダ、ボルボと提携した。

自動バレーパーキングは、ボッシュとダイムラーが先週、北京で実証したばかり。インテリジェントなインフラストラクチャを確立した上で、ドライバーがスマートフォンを経由して自分の車を駐車するよう指示した。アリババによると、自動化された駐車サービスは自律走行やスマートシティに向けた重要なステップとなる。

AI搭載のスマートアシスタントTmall Geneは、すでに90以上のアプライアンスブランド、600のスマート家電と提携し、ネット経由で制御している。ボルボ車のドライバーは、車の中から直接これらのデバイスを制御し、監視する。

今年4月に、AI Labはアウディ、ダイムラーとボルボと提携し、ドライバーが燃料レベル、走行距離や家のエネルギーとバッテリーの状態などを音声コマンドを介して監視および制御できるようになった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る