アリババ、フォード、ボルボ、ボッシュとモビリティで提携

アリババグループは、フォード、ボルボカーズ、ボッシュとのパートナーシップを発表した。

アリババグループの一員、アリババクラウドはボッシュと提携し、中国でバレーパーキングの自動化事業を導入する。また、両社は中国で接続モビリティの事業化を模索していくことに合意した。

アリババグループの別の会社、アリババAIラボはボルボカーズと提携し、人工知能(AI)を使ったスマートアシスタントのTmall Genie Autoの助けを借りて自分の車から照明や温度システム、家電機器などのスマートホームデバイスを、19年から監視、制御できるようになる。

また、アリババグループはフォードと提携して、SUVクーガにモノのインターネット(IOT)オペレーティングシステム、AliOSを今年後半から搭載する。クーガは10.4インチのセンター画面を持ち、AliOSのソフトウェアで様々な機能を実現する。

3つの戦略的パートナーシップは、アリババグループの自動車業界への関心の高まりを反映している。18年だけでも、アリババは、コネクテッドカー、EV、自動走行車の分野で、アウディ、BMW、ダイムラー、フォード、ホンダ、ボルボと提携した。

自動バレーパーキングは、ボッシュとダイムラーが先週、北京で実証したばかり。インテリジェントなインフラストラクチャを確立した上で、ドライバーがスマートフォンを経由して自分の車を駐車するよう指示した。アリババによると、自動化された駐車サービスは自律走行やスマートシティに向けた重要なステップとなる。

AI搭載のスマートアシスタントTmall Geneは、すでに90以上のアプライアンスブランド、600のスマート家電と提携し、ネット経由で制御している。ボルボ車のドライバーは、車の中から直接これらのデバイスを制御し、監視する。

今年4月に、AI Labはアウディ、ダイムラーとボルボと提携し、ドライバーが燃料レベル、走行距離や家のエネルギーとバッテリーの状態などを音声コマンドを介して監視および制御できるようになった。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. ●施行から1年間、CCPAは、対象事業者により従業員について収集された情報またはBtoB...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  9. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  10. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
ページ上部へ戻る