キャデラック本社、19年春ミシガンに復帰へ

GMキャデラックは3年前ニューヨークに移した本社をミシガン州に戻すと発表した。重要事項の決定機能をエンジニアやデザイナー陣の近くに置き、20年まで毎年2種類の新モデルを発売する計画だ。

ロイター通信によると、キャデラック部門は15年、ニューヨークに本社機能を移した。120億ドルをかけてラインアップを一新し、キャデラック車を長年敬遠していた都会の消費者に近づこうとする試みだったが、当時のヨハン・ダ・ネイシン社長は18年4月に辞任し、GMカナダ事業のマネジングディレクターだったスティーブ・カーライル氏と交代した。

キャデラックは人気が低迷するセダンモデルに固執したが、17年夏になってやっとセダンの品揃えを縮小し、市場の変化に対応する計画を発表した。18年はSUVの販売増に支えられ、上半期の米新車販売台数は前年同期比5.4%増となった。

19年4月、キャデラックの拠点はミシガン州ウォーレンに移り、GMのデザイン拠点(デトロイト本社)からは別の場所になる。GM広報は、キャデラックは引き続き独立部門だと説明した。ニューヨークでは110人が勤務しているが、全員にミシガン州での雇用が提供される。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    第50回 大学進学にはボランティア

    ニナが高校に入学して1カ月。私は彼女に「ボランティア活動のクラブに入って」とリクエストした。...
  2. 2017-9-2

    第52回 第九を歌う 

     昨晩、LAのダウンタウンにあるウォルト・ディズニー・コンサートホールでベートーベン...
  3. 2017-4-3

    身体をほぐして痛みをなくす 天城流湯治法

     普段から首の痛みが酷い。毎日、パソコンに向かってタイプし続けているせいだと思うが、そのうち...
  4. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  5. 2020-4-1

    第81回 日本語の継承

    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る