世界の電子ゲーム市場、19年は1521億ドルか

2019年の世界ビデオ・電子ゲーム市場は、売上高が前年比9.6%増の1521億ドルに達するとの予想を、ゲーミング市場調査ニューズー(Newzoo、オランダ)が発表した。

ロイター通信によると、ニューズーのピーター・ワーマンCEOは「デジタル娯楽の異種フォーム群が完全に融合している」と述べた。

高速無線通信網の浸透やオンライン・ゲーム・アプリケーションの拡充といったいくつかの条件がそろい、ゲームは最近急速な広まりを見せている。その結果、ゲームは愛好家らが相互につながるための道具になり、友人同士の会話や見知らぬゲーム愛好家との出会いが可能な電子空間社会を形成している。

この市場動向を受けて、電子ゲーム(オンライン・ゲーム)事業を拡大する動きが強まっている。会員制交流サイトのフェイスブックは、独自のゲームをフェイスブックやワッツアップ、メッセンジャー上で展開する計画を進めている。中国のテンセント傘下のウィーチャットも同様だ。

そのほか、ジンガは、モバイル・メッセージング・プラットフォームのスナップチャットを運営するスナップの新たなゲーミング・プラットフォーム向けに戦闘ゲームを提供した。

米国のゲーム市場は、19年に中国を抜いて世界最大になり、売り上げは369億ドルに達すると予想される。中国市場は365億ドルに拡大する見込み。

世界売り上げが1500億ドル超というビデオ・電子ゲーム市場は、かなり大きな産業といえる。その規模は、世界最大の米医療機器市場や米派遣サービス市場、世界サイバーセキュリティー市場に匹敵する。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  2. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  3. 2018-3-5

    最終回 ワインの常識と非常識

     このコラムを執筆してちょうど5年が経った。連載のコンセプトは「ワインの知識を楽しく、分かり...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2017-10-2

    第8回 「サンフランシスコから足を延ばして」 カリフォルニア州

    樹齢1000年の巨木が立つ 森を蒸気機関車で 広いアメリカ、まだ知られていない旅先を紹介して...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る