W杯観客、購入の半分以上で非接触型決済を利用

クレジットカード大手ビザは5日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会の1次リーグ(6月7日~6月20日)での支出分析を発表した。各国のサッカーファンは9カ所の公式スタジアムで、購入の半分以上(51%)を非接触型カード、スマートフォン、決済対応リストバンド、ウェアラブル技術などの非接触型決済技術を使って決済していたことが分かった。

ビジネスワイヤによると、スタジアム外での支出分析からは、海外からのフランス観光客が増加したこと、特に小規模の開催都市で大幅に増えたことが分かった。海外のビザカード保有者で競技場外での買い物にタッチ決済を選んだ人は、9つの開催都市だけでも140%増加した。

ビザは今大会、国際サッカー連盟(FIFA)の公式決済サービスパートナーとしてすべての競技場で最新の決済サービスを独占提供した。

■スタジアム内

1つの試合でのスタジアム内の支出額が最も多かったのは米国-チリ戦(パリ) で、1次リーグでの総支出額の約14%を占めた。次に多かった試合はフランス-韓国の開幕戦(パリ)で、全体の8%だった。

国別では、フランスのファンが最も支出額が多く、購入全体の53%を占めた。次に支出額が多かったのは米国、英国、オーストラリア、オランダ、ドイツ、日本、カナダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、中国のファンだった。

買い物1回当たりの平均支出額は、日本のファンが最も多く、中国、メキシコと続いた。

品目では、飲食品の購入額が最も多く(54%以上)、続いて土産物の購入(46%)だった。

■スタジアム外

購入が最も多かった都市はパリで、次いでニースとリヨンだった。小規模な開催都市では、支出額は前年比で大幅に増加した:ランス(87%増)、バランシエンヌ(71%増)、ルアーブル(384%増)

開催都市での外国人の支出額を国別に見ると、上位3カ国は米国(前年比18%増)、英国(19%増)、中国(4%増)だった。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る