アジア電池メーカー攻勢続く ~ 事業を世界に拡張

電気自動車(EV)用の電池市場ではアジア企業が優勢を保っており、世界の自動車メーカーから条件の良い契約を取り付けるため、欧州、中国、米国で生産力を拡大している。

その一方、自動車メーカーの中には今後発売を計画するEVに必要なバッテリーを十分確保できるのか懸念する向きがあり、韓国のSKイノベーションとLG化学との特許を巡る激しい確執も供給不足を悪化させる恐れがある。

以下は、ロイター通信がまとめた世界の主要EVバッテリー大手の現状および拡張計画。

■CATL

世界最大の中国系電池メーカーで、顧客にはBMW、フォルクスワーゲン(VW)、メルセデスベンツを傘下に持つダイムラー、ボルボ、トヨタ、ホンダなどがある。中国製の電池搭載車だけを助成の対象にする中国政府の政策などを背景に大きな力を付けたが、中国は2020年からEV補助金を段階的に廃止する。工場は中国にあるほか、海外では初めてドイツに建設中で、米国でも建設を検討している。

■パナソニック

米国の先駆的EVメーカーであるテスラのサプライヤー。10月末現在、ネバダ州にあるテスラとの合弁工場の生産能力を現在の約30ギガワット時(GWh)から35GWhに増やすための設備を整えたと表明した。同社はこの工場に約16億ドルを投資している。日本や中国でもEV用電池を生産しており、一部の工場はトヨタとの新しい合弁会社に移行させる予定。顧客にはホンダやフォードも含まれる。

■BYD

投資家ウォレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが資本参加する比亜迪(BYD)は、主に自社製の乗用車やバス向けの電池を生産している。18年には欧州でのセル生産を検討していることを明らかにした。

■LG化学

早くから業界大手となった韓国LG化学は、08年にGMとプラグイン・ハイブリッド車(PHV)「ボルト(Volt)」を共同開発し、電池を供給しているほか、フォード、ルノー、現代自動車、テスラ、VW、ボルボにも供給している。

上海のテスラ工場近くに施設を建設し、生産を拡張するため28億ドルを投資している。中国ではボルボ車を造っているジーリー(吉利汽車)と合弁事業を展開し、他の自動車メーカーとも主要市場での合弁事業を協議中。米国ではミシガン州に続く2つ目の工場建設を検討しており、ボーランド工場も拡張している。

■サムスン(SDI)

韓国、中国、ハンガリーにEVバッテリー工場を持ち、BMW、ボルボ、VWなどに供給している。ハンガリー工場では、拡張に約12億ユーロを投じているが、政府の財政支援が地域の国家援助規制に準拠しているか欧州連合(EU)当局が調査中。同工場は18年に生産を開始し、年間5万個のEV用電池生産を見込んでいる。

■SKイノベーション

LG化学の競争相手で、VW、ダイムラー、起亜、ジャガー・ランドローバー、フェラーリに電池を供給している。

reuters.com/article/us-autos-batteries-factbox/factbox-the-worlds-biggest-electric-vehicle-battery-makers-idUSKBN1Y02JG (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-2-4

    米国大手会計士事務所・所得税担当者監修 個人所得税申告書の作成ガイド2018

    本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  2. 2019-12-1

    Webサイト運営のリスク回避! デジタルコンプライアンス対策

    本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な...
  3. 2016-5-29

    [お知らせ]「極苦楽ライフ」が本になりました! 樋口ちづ子「花だから咲く」幻冬舎刊

     フロントライン誌で「極苦楽ライフ」を好評連載中の樋口ちづ子さんが、本を出版しました! タイ...
  4. 2017-4-3

    ダンスは最高のドラッグ?! 「Alive and Kicking」

     「リンディーホップ」というのを聞いたことがあるだろうか? スウィング・ダンスの一種で、映画...
  5. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る