新興企業アンヴォイ、オフィス再開後の安全確保を支援するツールを市場投入~近接接触追跡や検温、アクセス管理の機能を提供

オフィス訪問者を管理するためのプラットフォームを提供する新興企業アンヴォイ(Envoy)は10月6日、新型コロナウイルス・パンデミック後のオフィス再開に際して出勤社員らの安全を確保するための新製品「アンヴォイ・プロテクト(Envoy Protect)」を市場投入した。

テッククランチ誌によると、過去数ヵ月にわたってベータ版として提供された同プラットフォームは、5000社以上がすでに登録し、これまでに100万人のオフィス復帰を支援した。

アンヴォイ・プロテクトには、健康に関する調査やオフィス内の人数管理ツール、アクセス権限管理といった機能が盛り込まれている。社員がオフィスに入る際には、QRコードを使って本人認証して入室する非接触型技術が活用されている。また、近接接触追跡と体温検査の機能も統合されている。

オフィス管理者は、各自治体の保健当局の指針や規定に応じて社員登録や入室(出勤)の規則を反映させてカスタマイズできる。

アンヴォイはまた、デスクス(Desks)という製品も投入する。デスクスは、オフィス内での社会的距離の維持(social distancing)を促進し、職場が清潔に維持されていることを確認するためのツールだ。デスクスは当面、利用者限定のベータ版として提供される。

この種のツールは他社からも多数提供されている。たとえば、イーデン(Eden)も、アンヴォイと類似した製品を市場投入したばかりだ。

アンヴォイの強みは資金力と言えるかもしれない。同社は、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)やメンロー・ベンチャーズ(Menlo Ventures)といった著名ベンチャー・キャピタル投資大手らから総額6000万ドル近い投資を受けている。

アンヴォイの設立者兼CEOラリー・ガデア氏によると、同社は直近四半期に過去最高の売上高を計上した。目下の課題は、アンヴォイ・プロテクトを周知させて市場力を高めることだ、と同氏は述べた。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る