ドアダッシュ、法人顧客向けの新サービスを開始 ~ 在宅勤務従業員のための新種の福利厚生として

オンライン料理注文&配達サービス大手ドアダッシュ(DoorDash)は10月7日、顧客会社向けの新サービス「ドアダッシュ・フォー・ワーク(DoorDash for Work)」を発表した。新サービスは、自宅勤務によって勤務場所が劇的に分散化した従業員らに対し、雇用主が福利厚生の一環として食費の一部を負担しやすくするものだ。

テッククランチ誌によると、同サービスは、1)法人向けダッシュパス(DashPass)、2)クレジット、3)個別注文群の包括化、4)ギフト・カード、という4つの機能で構成される。

ダッシュパス・フォー・ワーク(DashPass for Work)は、会員制度「ダッシュパス」の利用料を雇用主が従業員のために支払うようにする。チャールズ・シュワブ(Charles Schwab)やフールー(Hulu)を含むいくつかの会社が同制度をすでに使っている。また、マウント・サイナイ(Mt. Sinai)病院は、4万2000人の病院職員がダッシュパスを無料で使えるようにしている。

クレジットは、雇用主が従業員の食事注文を負担するもので、曜日や時間を指定して在宅勤務者の勤務時間中のみに制限できる。個別注文包括化では、複数の従業員のそれぞれの注文をまとめて一つの集団注文にする機能。ギフト・カードは、ドアダッシュ利用向けの現金をデジタル・カードとして雇用主が従業員に支給できるようにする。

ドアダッシュ・フォー・ワークの責任者ブロデリック・マックリントン氏は、新型コロナウイルス感染症の影響で従業員たちの食事のあり方にも大きな変化が生じたと説明している。同氏によると、「出勤途上でいつものコーヒー店に立ち寄ったり、昼食室で同僚と話したりする機会がなくなり、自宅で一人で食べることが増えた。各社は新しい福利厚生を通じて、そういった従業員を支援しようとしている」。

ドアダッシュによると、米国の会社員1000人を対象に9月に実施した調査では、オフィス内で受けていた食事関連の福利厚生がなくなったことが残念だと回答した人が90%に上った。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  2. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  3. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  4. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  5. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  6. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  7. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  8. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
ページ上部へ戻る