ドアダッシュ、法人顧客向けの新サービスを開始 ~ 在宅勤務従業員のための新種の福利厚生として

オンライン料理注文&配達サービス大手ドアダッシュ(DoorDash)は10月7日、顧客会社向けの新サービス「ドアダッシュ・フォー・ワーク(DoorDash for Work)」を発表した。新サービスは、自宅勤務によって勤務場所が劇的に分散化した従業員らに対し、雇用主が福利厚生の一環として食費の一部を負担しやすくするものだ。

テッククランチ誌によると、同サービスは、1)法人向けダッシュパス(DashPass)、2)クレジット、3)個別注文群の包括化、4)ギフト・カード、という4つの機能で構成される。

ダッシュパス・フォー・ワーク(DashPass for Work)は、会員制度「ダッシュパス」の利用料を雇用主が従業員のために支払うようにする。チャールズ・シュワブ(Charles Schwab)やフールー(Hulu)を含むいくつかの会社が同制度をすでに使っている。また、マウント・サイナイ(Mt. Sinai)病院は、4万2000人の病院職員がダッシュパスを無料で使えるようにしている。

クレジットは、雇用主が従業員の食事注文を負担するもので、曜日や時間を指定して在宅勤務者の勤務時間中のみに制限できる。個別注文包括化では、複数の従業員のそれぞれの注文をまとめて一つの集団注文にする機能。ギフト・カードは、ドアダッシュ利用向けの現金をデジタル・カードとして雇用主が従業員に支給できるようにする。

ドアダッシュ・フォー・ワークの責任者ブロデリック・マックリントン氏は、新型コロナウイルス感染症の影響で従業員たちの食事のあり方にも大きな変化が生じたと説明している。同氏によると、「出勤途上でいつものコーヒー店に立ち寄ったり、昼食室で同僚と話したりする機会がなくなり、自宅で一人で食べることが増えた。各社は新しい福利厚生を通じて、そういった従業員を支援しようとしている」。

ドアダッシュによると、米国の会社員1000人を対象に9月に実施した調査では、オフィス内で受けていた食事関連の福利厚生がなくなったことが残念だと回答した人が90%に上った。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る