シスコ、動画会議ツールの新興企業スライドを買収~大規模会議での質疑応答簡便化機能を統合へ

シスコ(Cisco)は12月7日、動画会議ツールを開発するスライド(Slido)を買収すると発表した。

テッククランチ誌によると、スライドの技術は、大規模の仮想会議と生催事において参加者とのやりとりや質問を管理できるようにする。

スロバキア拠点のスライドは、ピッチブック(PitchBook)が報じたところでは、 2013年の設立以来の外部資金調達額がわずか4万ドル前後という零細新興企業だ。同社はそれでも、法人市場において独自の地位を築き、会議参加者からの質疑応答を管理するのにおもに使われてきた。テッククランチの催事でも使われたことがある。これまでに700万人の利用者を集め、利益を出している。

シスコによるスライド買収は、シスコの動画会議製品「ウェベックス(WebEx)」の事業部門が実行したもの。買収手続きは2021年5月に完了する見込み。

スライドは、質疑応答の部分に焦点をあわせたという点で特徴がある。ほとんどの動画会議プラットフォームには、テキストを入力してチャットできる機能が備わっており、会議参加者らはそれを使ってそれぞれに質問できる。生催事では、質疑応答中にマイクロフォンを回して、参加者らが質問できるようにすることが多い。それらの方法は、参加者が多い会議ではあまり効率的ではない。

スライドのソリューションは、メインの催事が進行するあいだに参加者らの質問に対してほかの参加者らが投票することで、質問の優先順位を決められる。進行役が手早く投票を設定して、その結果をリアルタイムで見られる。

シスコは、同機能をウェベックスに直接統合する予定だ。スライドがウェベックス専用の機能になるわけではなく、ほかのツールでも使える製品を今後も提供し続ける。

シスコは、スライド買収の発表と同じ日にIMIモバイル(IMImobile)を買収することも発表した。買収額は7億2000万ドル。英国拠点のIMIモバイルは、顧客との関係性を強化する技術ソリューションを開発している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る