世界サイバーセキュリティー支出、2021年に10%増の可能性~キャナーリスの予想、新型攻撃の増加が要因

世界サイバーセキュリティー支出は、2021年に10%増えると予想される。新種の脅威が登場し、攻撃も増えていることが要因だ。そのため、新たなクラウド機能の採用や接続網の設定を実行する会社らにとって次段階の対策をとることがますます重要となっている。

ベンチャービート誌によると、調査会社キャナーリス(Canalys)のグローバル・セキュリティー・フォーキャストは、世界市場におけるサイバーセキュリティーの製品およびサービスへの支出総額が2021年に602億ドルに達する、と予想する。

それらの投資(支出)には、「エンドポイント・セキュリティーや接続網セキュリティー、ウェブおよび電子メールのセキュリティー、データ・セキュリティー、脆弱性分析、アクセス者管理といった各種機能の強化」が含まれる。

キャナーリスによると、新型コロナウイルス・パンデミックがこれまで通りほとんどの事業の閉鎖状態を今後しばらく強いることになるなら、サイバーセキュリティー支出は6.6%増にとどまる可能性もある。しかし、パンデミックが近い将来に収束して経済活動が正常化に向かえば、サイバー攻撃が大幅に増え始め、それに応じて対策費の支出も増える。

キャナーリスによると、ハッキングは2020年に過去最多を記録し、世界で計120億件の書類が盗まれ、ランサムウェア攻撃(身代金要求型サイバー攻撃)は60%も増えた。

ことしにもっとも増えるサイバーセキュリティー支出の分野は、ウェブおよび電子メールのセキュリティーで12.5%増、その次にセキュリティー分析で11%増、3番目はエンドポイント・セキュリティーで10.4増と同社は予想している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
  2. 2021年2月4日

    バイデン政権とは?
    バイデン大統領は、トランプ大統領とは対照的に、パンデミック、経済的苦境および政治的分断に疲弊...
  3. 冬は温度、湿度ともに低くなるため皮脂や汗の分泌が少なくなり、お肌の潤いを守る皮脂膜が作りにく...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040」を自...
  5. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  6. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  7. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  8. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
ページ上部へ戻る