BRD、暗号通貨向け財布サービスを銀行らに提供 ~複数のブロックチェーンに対応したブロックセットを発表

暗号通貨の取り引きプラットフォームを開発するBRDは、ブロックセット(Blockset)という「サービスとしての財布(Wallet-as-a-Service)」を金融機関向けに提供開始する。

テッククランチ誌によると、同社はこれまで、独自に開発した暗号通貨のデジタル財布機能をモバイル・アプリケーションとして提供してきた。同アプリケーションは約700万人に使われており、その管理下の資産高は200億ドルに達する。

ブロックセットでは、自社のモバイル・アプリケーションと同じ機能を金融機関向けのサービスとして提供し、金融機関が顧客向けのデジタル財布機能を持てるようにする。

ブロックセットの顧客には、BRDに投資した会社でもあるSBIホールディングスのほか、コインフリップ(CoinFlip)やウェルシー(Welthee)、コインスイッチ(CoinSwitch)、コインスクエア(Coinsquare)、エヤー(Ayre)がある。BRDはこれまでに5600万ドルを資金調達した。

ブロックセットの特徴の一つは、複数の暗号通貨のデータをリアルタイムで見られる点だ。利用者らはそれによって資産動向を確実に把握できるだけでなく、金融機関は不正検出や規制順守関連の職務を実行できる。同社によると、マルチチェーンAPI(application programming interface)のアップタイムは99.999%だ。

ブロックセットは現在、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)、テゾス(Tezos)、ヘデラ(Hedera)、ビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)、ビットコインSV(Bitcoin SV)に対応している。BRDは今後も顧客の要望に応じてチェーンを追加していく計画だ。

企業向けブロックチェーンの基幹設備を提供するほかのおもな会社には、コインベイス(Coinbase)に最近買収されたバイソン・トレイルズ(Bison Trails)やギャラクシー・デジタル(Galaxy Digital)がある。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る