ゾーホー、ビジネス・インテリジェンス製品を投入 ~ データの準備や分析、プレゼンテーションの機能を包括提供

顧客関係管理や分析ツールを提供する新興企業ゾーホー(Zoho)は7月13日、複数のビジネス・インテリジェンス(BI)製品をまとめて提供するゾーホー・ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム(Zoho Business Intelligence Platform)を市場投入した。

ベンチャービート誌によると、同製品には、データを分析する際に必要となるデータ準備の機能「ゾーホー・データプレップ(Zoho DataPrep)」が含まれる。BI製品の多くは、データ準備の機能を備えていないため、企業は通常、データ準備のためのツールを別途購入しなければならない。

ゾーホー・ビジネス・インテリジェンスは、データプレップのほかに、分析機能のゾーホー・アナリティクス(Zoho Analytics)や、プレゼンテーションを支援するゾーホー・ショー(Zoho Show)、ポータル構築ツールのゾーホー・サイツ(Zoho Sites)をすべてまとめたプラットフォームだ。視覚的なダッシュボードで分析機能を構築して共有し、グラフィカル・ツールやゾーホーの仮想執事(音声認識人工知能)「ジア(Zia)」を使ってデータ・クエリーを起動できるようにする。

また、ジア・インサイツ(Zia Insights)を使えば、末端利用者がクエリーを起動しなくても、データ・セット間の関係や傾向を自動的にとらえられるようになる。さらに、多様の筋書きにもとづくモデル化にも使うことができる。ゾーホー・データプレップを単独のツールとして使い、準備したデータをほかの分析アプリケーションで分析することも可能だ。

ゾーホーは最終的に、データを入手して準備するためのしくみを構築し分析したうえで、その結果や洞察を効果的なプレゼンテーションで伝達または報告するまでの一連の流れを支援するツールを提供しようとしている。新しいプラットフォームには、250以上のデータ源が含まれている。

同社によると、ゾーホー・アナリティクスの採用会社は5万以上に達しており、年間30%で増加している。

ゾーホー・ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームの使用料は、クラウド版なら利用者一人あたり月8ドル、現場実装版なら同30ドルだ。データプレップの単独製品の使用料は月額40ドルからで、利用者3人で200万行までアクセスできる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る