ストア・ドット・エイアイ、東芝グローバル・コマース・ソリューションズと協業 ~ グローサリー業界のデジタル化を推進

PRニューズワイヤーによると、ストア・ドット・エイアイ(Stor.ai、ニューヨーク州拠点)は7月21日、東芝グローバル・コマース・ソリューションズとの提携を拡大し、ストア・ドット・エイアイのプラットフォームを小売店の技術環境に統合することで、小売店のデジタル技術基盤やオンライン販売機能を強化できるようにすることを明らかにした。

ストア・ドット・エイアイは、グローサリー向けの末端間デジタル商取引ソリューションの提供会社で、東芝グローバル・コマース・ソリューションズは、実在小売店向け技術提供大手。

グローサリー(加工食品、生鮮食品)のオンライン買い物は新型コロナウイルス・パンデミックによって激増した。外出や接触を控える行動様式が広まったため、食品もオンライン購入するようになった消費者が激増したためだ。

パンデミックの収束やワクチン普及によって、食品を実在小売店で買うことにもどる消費者も多いが、一部はポスト・コーヴィッド19(Covid-19)でも食品のオンライン購入を続けることが確実視される。

そのため、グローサリー小売業界では、オンラインとオフラインのデジタル・ソリューション群の統合を迫られている。

ストア・ドット・エイアイは提携拡大のもと、グローサリー店のデジタル変革を推進および管理する各種のツール群を提供し、東芝グローバル・コマース・ソリューションズは、世界で325万以上のPOS(point of sale)およびセルフ決済システムを供給する顧客基盤を背景に、ストア・ドット・エイアイのツール群をPOSやセルフ決済システムに統合し、小売現場における非接触化や自動化の推進を共同で支援する。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る