オートメーション・エニウェア、クラウドRPAで成長〜現場実装型からクラウド基盤への移行を打ち出す

調査会社のIDCによると、ロボティック業務過程自動化(robotic processautomation=RPA)市場の新興大手オートメーション・エニウェア(AutomationAnywhere)は、パブリック・クラウドRPAプラットフォーム市場での占有率を54%に伸ばした。

ベンチャービート誌によると、オートメーション・エニウェアは、パブリック・クラウドを重視する戦略と、グーグルとの提携を通じた販促活動が奏功し、同市場での勢力を強めている。

RPAは急成長中の市場だ。なかでもクラウドRPAは成長がもっとも速い。オートメーション・エニウェアは、ユーアイパス(UiPath)やブルー・プリズム(Blue Prism)と競合しており、それらの大手他社を上回る競争力をつけている。マイクロソフトがクラウドRPA市場に進出したため、さらなる競争激化は必至だが、オートメーション・エニウェアは今後も強い地位を維持すると予想される。

クラウドRPA市場がRPA市場全体に占める割り合いはまだまだ小さい。IDCによると、RPA市場は2020年に前年比37.1%成長し17億ドルに達した。クラウドRPAはそのうち3%を占めるにすぎないが、成長率は387.8%だった。

「オートメーション・エニウェアは、クラウド・ネイティブのRPAアーキテクチャーを全面的に追求している」と、IDCの業務処理過程自動化市場担当者モーリーン・フレミング氏は説明している。

フレミング氏によると、オートメーション・エニウェアは、クラウドへの移行をできるだけ簡単にし、データ・センターとデスクトップで動作させる方向へのあと戻りを容易にしないことで、クラウド基盤構造こそが今後の方向だというメッセージを顧客に明確に打ち出している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る