オートメーション・エニウェア、クラウドRPAで成長〜現場実装型からクラウド基盤への移行を打ち出す

調査会社のIDCによると、ロボティック業務過程自動化(robotic processautomation=RPA)市場の新興大手オートメーション・エニウェア(AutomationAnywhere)は、パブリック・クラウドRPAプラットフォーム市場での占有率を54%に伸ばした。

ベンチャービート誌によると、オートメーション・エニウェアは、パブリック・クラウドを重視する戦略と、グーグルとの提携を通じた販促活動が奏功し、同市場での勢力を強めている。

RPAは急成長中の市場だ。なかでもクラウドRPAは成長がもっとも速い。オートメーション・エニウェアは、ユーアイパス(UiPath)やブルー・プリズム(Blue Prism)と競合しており、それらの大手他社を上回る競争力をつけている。マイクロソフトがクラウドRPA市場に進出したため、さらなる競争激化は必至だが、オートメーション・エニウェアは今後も強い地位を維持すると予想される。

クラウドRPA市場がRPA市場全体に占める割り合いはまだまだ小さい。IDCによると、RPA市場は2020年に前年比37.1%成長し17億ドルに達した。クラウドRPAはそのうち3%を占めるにすぎないが、成長率は387.8%だった。

「オートメーション・エニウェアは、クラウド・ネイティブのRPAアーキテクチャーを全面的に追求している」と、IDCの業務処理過程自動化市場担当者モーリーン・フレミング氏は説明している。

フレミング氏によると、オートメーション・エニウェアは、クラウドへの移行をできるだけ簡単にし、データ・センターとデスクトップで動作させる方向へのあと戻りを容易にしないことで、クラウド基盤構造こそが今後の方向だというメッセージを顧客に明確に打ち出している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る