アマゾン、「ジャスト・ウォーク・アウト」をホール・フーズに ~ 自動決済システムをグローサリー・チェーンで拡散

アマゾン(Amazon)による小売業界の革新がまた一つ実現する。同社は9月8日、「ジャスト・ウォーク・アウト(Just Walk Out)」(ただ出るだけ)技術を、傘下のグローサリー・チェーン大手ホール・フーズ(Whole Foods)の新たな支店群に実装する計画を明らかにした。

ジャスト・ウォーク・アウトは、アマゾンが開発した自動決済システムだ。同技術は、同社が数年前に開店した無人コンビニエンス・ストアー「アマゾン・ゴー(Go)」(在庫管理担当者や技術支援係員らは店内にいる)によって実在小売店に初めて導入された。

消費者がスマートフォンをかざすと扉が開き、来店客が店から持ち出す商品を店内の機械視認カメラ群や検知器群、人工知能によって認識および特定し、購入者が店外に出ると、利用者が自身のアマゾン口座にあらかじめ登録したクレジット・カードまたはデビット・カードに代金が自動請求され決済が完了するしくみだ。あるいは、アマゾンが開発した手のひら認証システム「アマゾン・ワン(Amazon One)」の端末に手のひらをかざすことで支払いを済ませることも可能だ。

テッククランチ誌によると、同技術が導入されるホール・フーズ支店は、ワシントンDCとカリフォルニア州シャーマン・オークスに2022年に開店する予定だ。それらの支店に実装される自動決済システムの場合、来店客が専用アプリケーションをスキャンし、アマゾン口座に登録したデビット・カードを挿入するかアマゾン・ワンの端末に手のひらをかざすことで支払いを自動化できる。

複数の労働組合は、アマゾンのキャッシャーレス技術が雇用機会を奪うと訴えているが、同社は、それらの支店が「同等規模の既存店舗群とくらべて同等人数を雇う見通しだ」と反論している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る