ニッケル高騰、自動車のEV移行に影響も

ロシアによるウクライナ軍事侵攻をきっかけにニッケル価格が史上最高値まで急騰しており、世界的な電気自動車(EV)への移行を脅かしている。

■世界3位の供給国

CNNによると、ロンドン金属取引所(LME)では8日、わずか数時間でニッケル価格が暴騰して前日の倍に当たる1トン=10万ドルに達し、145年のLME史上初めてニッケルの取引が停止された。価格はその後やや下がったが、まだ2007年に記録した以前の最高値(1トン=5万2000ドル)をはるかに上回っている。

ロシアのウクライナ侵攻を受けていくつかの商品が高騰しているが、ニッケルはEVに使われるリチウムイオン電池の重要な材料であるため、市場は西側の制裁によってロシアからの輸出が制限され、供給不足が生じることを恐れている。

ノルウェイのエネルギーコンサルティング会社ライスタッド・エナジー(Rystad Energy)によると、ロシアはインドネシアとフィリピンに次ぐ世界第3位のニッケル供給国で、21年には世界の生産能力の約13%を占めた。

英国の金融サービス会社ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資および市場アナリスト、スザンナ・ストリーター氏によると、ニッケル価格の急騰はショートスクイーズ(市場が売り持ちに傾いている時に大きく買いを仕掛ける動き)が原因である可能性があり「トレーダーがウクライナ紛争の影響を推し量ろうとする中、驚異的な商品価格の上昇が金融市場や取引所に不安の渦を巻き起こしている」と説明した。

■電池価格の大幅上昇も

ニッケル価格の上昇は、過去1年間にサプライチェーン(供給網)の混乱、工場の閉鎖、半導体の不足といった問題に取り組んできた自動車メーカーにとって新たな頭痛の種になる恐れがある。

ライスタッドのジェームス・レイ上席副社長(エネルギー金属担当)は、ニッケル価格の高騰は「かつてない」現象で、理論的には一部のEV電池のコストを3分の1引き上げる可能性があるとみている。ただし、多くの企業は長期契約によってニッケル価格を固定しているため、自動車メーカーがすぐに影響を受ける可能性は低く「長期的な影響を完全に把握する前に、ニッケル価格が最終的にどこに落ち着くかを見極める必要がある」という。

世界のEV販売は21年に急増したが、電池や車両の価格が上昇すれば、内燃エンジン車からEVへの移行ペースを維持できるか疑問が生じる。市場予想サービス会社LMCオートモーティブのグローバルパワートレイン担当責任者、アル・ベッドウェル氏は、ニッケル価格はしばらく高どまりすると予想。石油やガソリンも高騰しているため、EVへの移行を検討していた人々が簡単に思いとどまることはないかもしれないが「どの燃料を選んだとしても、個人の移動コストは増加する」と見ている。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る