フォート・ワース、ビットコインを採掘する米国内初の自治体に ~ 市庁舎内に暗号通貨採掘場を設置

テキサス州フォート・ワース市はこのほど、ビットコインを採掘する米国内初の自治体となった。同市のマティー・パーカー市長はそれにともなって、小さな暗号通貨採掘場を市役所内に設置する工事を監督した。

CNBCによると、フォート・ワース市役所の暗号通貨採掘場(室)には、3台のビットメイン・アントマイナーS9(Bitmain Antminer S9)という採掘機が、空調管理された情報技術棟に設置され、これから年中無休で稼働する。それらの採掘機は、セキュリティー・リスクを最小限に抑えるためにプライベート通信網でホストされる。

同市の採掘方式には、プルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)モデルが採用される。世界中の採掘者らが高性能のコンピューターを使って、デジタル暗号通貨決済を検証しながらビットコインを採掘する。その過程には、専門仕様の機器と専門技能、そして大量の電力が必要だ。そのため、フォート・ワースの試験的事業では小規模で始動する。

市の試算によると、3台の採掘機は、家庭用掃除機が必要とする同等の量のエネルギーをそれぞれ消費する。市長は、それら3台の採掘機が大きな利益を生むとは考えていないが、同事業に必要な電気代は、採掘されたビットコインの価値で簡単に相殺される見通しだ。

2021年に市長に当選したパーカー氏は、同市の財務にビットコイン収入を加えるだけでなく、ビットコイン採掘に米国内で初めて取り組む自治体としてフォート・ワースの地位向上に寄与する、と話した。

同市は、同事業にあたってテキサス・ブロックチェーン評議会(Texas BlockchainCouncil)やルクソール・テクノロジーズ(Luxor Technologies)と協力した。前者は、1台約600ドルする採掘機を同市に寄付し、後者は、世界中に散らばる個々の採掘者たちを数千人単位の採掘者たちとたばねて暗号通貨を採掘し、それによってビットコインを稼げるようにするプラットフォームを提供する。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る