トヨタ、AIで工場の「カイゼン」さらに効率化

「カイゼン(改善)」の名称で知られ、無駄をなくして効率を高める生産方式が世界で広く採用されているトヨタは、近く効率化の究極の理想と期待される自動生産管理技術の導入を始める。

■AIが人の動きを観察

オートモーティブ・ニュースによると、同社はテキサス州の新興企業インビジブルAI(Invisible AI)と提携し、北米の工場に、日々の組み立て工程で作業員の関節や目の動きをひそかに追跡する箱型の装置を数千台設置する。

インビジブルAIが開発したこの装置はタブレットサイズで、カメラ、プロセサー、データストレージが1つの箱に収められ、監督者が監視したり、労働者が体にセンサーを装着したりすることなく、人工知能(AI)を使って作業中の人の動きを分析し、効率と安全性の向上を図る。また、作業が正しく終了するとリアルタイムで作業者に通知される。

トヨタはこのシステムを最初にインディアナ州プリンストンの組立工場に導入し、その後北米の14工場に広げる予定。

同社は、無駄な動作や業務に支障をきたす恐れがある工程を生産から排除するため、作業チームのメンバーやマネジャーがあらゆる小さな改善個所を探求しているが、それは伝統的に観察によって行われてきた。インビジブルAIの装置は、作業を観察する頻度と精度を高め、作業全体の非効率性を見つけるまでにかかる時間を短縮し、改善に専念する時間を増やすのに役立つと見られている。

■現場でデータ解析

プリンストン工場では当初、作業区域の半分に約500個のインビジブルAIボックスを設置し、その後残りの半分にも設置する。1つの装置が1つの作業場を追跡し、体動データを処理しながら、けがにつながる身体的負荷を特定。繰り返しによって体への負担になり得る動作を見つける。また、製品の欠陥もその場で検出でき、作業員自身が見なければ分からないような欠陥を未然に防ぐことが可能だ。例えば「接続が不完全だ」と作業員に警告することができる。

さらに、各作業のモーションキャプチャー(動きのデジタルデータ)がその場でカメラシステムに保存されるため、欠陥調査や安全監査の際に「根本原因分析」の時間を大幅に短縮できる。

インビジブルAIの装置は自己完結型で、独自に情報を取得、保存、分析でき、中央装置へのデータ送信のために貴重な帯域幅を使わない点も評価されており、トヨタはこの装置を安全性やエルゴノミクス(体にやさしい環境)の改善に活用する可能性も検討しているという。北米トヨタの車両生産技術および製造プロジェクト革新センターを担当するグループ副社長のスティーブン・ブレナン氏は「ビッグデータは、作業の最適化や柔軟性を高めるために重要だが、データセットが非常に大きく複雑なため、従来の方法で処理することは難しい。インビジブルAIは、生産チームのリーダーやグループリーダーが比較的簡単に使用でき、データ解析は現場で行われるため、通信網インフラの必要性を最小限に抑えられる」と話している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る