Attero、欧州・米国・インドネシアでバッテリーリサイクル工場

ロイターによると、インドのAttero(ニティン・グプタCEO)は、電気自動車などから出る使用済みリチウムイオン(Li-ion)バッテリーのリサイクル工場を欧州、米国、インドネシアに建設するため、今後5年間で10億ドルを投資する。

このうち、ポーランド工場は今年後半に操業を開始する。オハイオ工場は2023年第3四半期に操業を開始、インドネシア工場は、24年初頭に操業を予定している。

使用済みリチウムイオン電池から粉砕した電池材料を化学的に分離する最新の湿式冶金プロセスによって、Atteroは抽出率を98%まで高めている。従来は、電池を溶かし、エネルギーを大量に消費する乾式製法だったため、リサイクル率は非常に低かった。

Atteroは、サムスン電子や現代自動車の電池をリサイクルしている。現在、Atteroのバッテリーリサイクル能力は年間1万1000トンだが、27年までに全世界で年間30万トン以上の電池のリサイクル能力を確立する。その段階で、リチウム、コバルト、グラファイトの世界需要の15%をリサイクル材料で満たすことを目指している。

インドネシアには、ニッケルなどの重要な電池材料の最大級の天然埋蔵量があるため、Atteroは、原材料の採掘から電池の生産、リサイクル施設に至るまでのエコシステムを構築する多額の投資を行っている。CATLとLGグループは、すでにインドネシアでのリチウムイオン電池工場設立に向けた数十億ドルの投資を発表している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る