財務省に株売却要請せず〜GM関係者が証言

 ゼネラル・モーターズ(GM)が、同社株を一部保有する財務省に株式の早期売却を要請したという報道について、事情に詳しい関係者は18日までに「そうした事実はない」と語った。デトロイト・フリー・プレスが伝えた。

 2008年(ブッシュ政権)と09年(オバマ政権)に経営難のGMを公的資金で救済した連邦政府は現在、GM普通株の約32%を保有しているが、ウォールストリート・ジャーナルは17日、政府の支援下にあると幹部の報酬が制限され、優秀な人材を採用しにくく、国有化の印象が消えないことを理由に、GM側が新たな公募や自社株買い戻しによる売却を財務省に要請したと報道した。

 しかし関係者がデトロイト紙に話したところによると、GMと財務省は経営の改善状況については常に話し合っているものの、政府が保有する5億10万株の売却時期についてGMからはどのような提示も… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る