加州は中間、最高はミシシッピ〜自動車運転にかかるコスト

 カリフォルニア州で車を運転する際の総合的なコストは、全米のちょうど中間水準であることが、自動車保険情報会社カーインシュアランス・コムの調査で分かった。ガソリンが高い、渋滞がひどいと言われる割には悪くなく、州民はそう悲観することもなさそうだ。

 ロサンゼルス・タイムズによると、同調査「自動車関連の苦痛指数(Automotive Misery Index=AMI)」は、各州のガソリン代、ドライバーの平均運転距離、保険料を分析・換算し、世帯の平均年収に占める割合を比較した。保険料は、一般的なファミリーカーである2012年型ホンダ「アコードEX」が基準。

 その結果、加州の自動車関連コスト比率は全米24位で、ネバダ(23位)とオハイオ(25位)の間だった。カリフォルニアの… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る