連邦議会上下両院、政府の端末でのティックトック利用を禁止 ~ 超党派の歳出法案を可決

米連邦議会の上下両院は12月23日、ティックトック(TikTok)を連邦省庁機関の端末で使うことを禁止する条項を盛り込んだ超党派の歳出法案を可決した。

CNBCによると、中国バイトダンス(ByteDance)傘下の短編動画配信プラットフォーム「ティックトック」は、米国人利用者らの個人情報を無断で集めて中国共産党に開示しているほか、米国家安全保障の脅威とみなされているため、米国内では昨今、公的機関所有の端末や通信網からティックトックを排除する動きが強まっている。

14州前後の州政府ではティックトックや中国ウィーチャットを州政府機関の端末と通信網上で使うことをすでに禁じている。連邦政府の一部でも大統領令によって同様に禁じられている。また、先週には、ジョージア州立大学群でも同様の措置がとられた。

同可決法案は、ジョー・バイデン大統領の署名を経て成立する見通しだ。同可決法案はまた、オンラインで販売される偽造品の流通を阻止するための審査を強化し、大規模の合併を行う会社らに対し、連邦独占禁止法当局への申請費用を負担させる条項も盛り込まれている。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る