普天間運用へ準備加速 米、安全宣言を歓迎

 【共同】米政府は、米軍の新型輸送機オスプレイの普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備へ向けた日本政府の「安全宣言」を歓迎、10月の本格運用へ準備を急ピッチで進める考えだ。

 日米関係筋によると、海兵隊は近く始まる岩国基地(山口県岩国市)での試験飛行を極力短期間にとどめたい意向。米政府は4月以降の墜落事故に関する調査結果を日本側に詳細に説明し、日米合同委員会での安全確保策をめぐる協議でも「最後は日本の要求をある程度受け入れた」(同筋)との立場。安全確保策が決まれば、安全宣言と… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ページ上部へ戻る