建設現場に革新をもたらす7つの人工知能ツール ~ 作業過程や安全性、計画、品質管理の効率化で活躍

道路や橋といった社会基盤設備の建設現場において、人工知能を活用したツール群が効率や安全性の向上に寄与している。

アナリティクス・インサイト誌によると、建設現場に革命を起こしつつあるおもな人工知能ツールとして下記7つが挙げられる。

1.ドローンを使った現場監督:人工知能技術を搭載したドローンは、建設現場を上空から観察して潜在的問題を把握できるようにする点において、事業管理者にとって欠かせないツールになりつつある。ドローンが収集するデータを人工知能のアルゴリズムで分析し、資材の量を測定したり労働者の安全にかかわるリスクを検出したりすることができる。

2.機械学習を活かした事業計画:事業の計画策定に際して、過去の実績や気象パターン、交通状況といった各種のデータを総合的に分析し、より正確なスケジュールを立てられる。遅延の可能性を見越して資源の割り当てを最適化するのに役立つ。

3.自律的な建設作業車両:ブルドーザーや掘削機を含む建設作業車両の自動化に人工知能が活かされている。高度の機械視認(コンピューター・ヴィジョン)や検知技術を駆使して建設現場を自律走行し、人間の操作担当者を必要とせず継続的に作業できるため、生産性を高めることができる。

4.構造の健全性を監視するスマート建材:構造の健全性を自己監視する検知器内蔵スマート建材も人工知能の賜物だ。破損や摩耗、過負荷といった初期の兆候を内蔵検知器で特定することで、問題発生前の予防的保守管理作業を実行可能にする。

5.リスク管理のための予測分析:供給業者らの実績や気象情報、そのほか大量のデータを取り込んで分析することで、潜在的なリスクを特定し、事前の対応策を提示する。

6.設計や訓練のための拡張現実(AR):ARアプリケーションは建設現場にデジタルの模型を重ねて表示できるため、技師や建築士が空間的関係性をより正確に理解するのに役立つ。また、現実的な仮想模擬化によって作業員らに職能訓練を提供し、安全性や作業能力を高めることができる。

7.機械視認を使ったリアルタイムでの品質管理:高精細カメラとアルゴリズムを用いて溶接やコンクリートの品質を確認し、指定水準に達しているかどうかの確認作業を合理化する。手作業による検査の必要性が減るため、品質向上だけでなくコスト削減や時間短縮の利点ももたらす。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る