商業建物の省電力技術が進化

 これまでにない高水準の省エネ性能を実現した商業建物が各地で登場している。サンフランシスコ公益委員会の本部ビルがその一例として関心を集めている。

 グリーンビズ誌によると、1億9000万ドルをかけて新築された13階建ての同ビルは、最新のスマート建物技術を活用して、アメリカ暖房冷凍空調学会の基準をエネルギー消費量で55%、電力需要で32%下回る省電力を実現した。

 一方、連邦政府の共通役務庁は、連邦政府の建物でもエネルギー消費量が高い50〜100棟の建物を対象に、建物監視システムを導入する契約をIBMに発注した。

 その監視システムは、クラウド基盤プラットフォームを使って中央施設に接続され、年間1500万ドルの電気代節約を達成すると… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る