商業建物の省電力技術が進化

 これまでにない高水準の省エネ性能を実現した商業建物が各地で登場している。サンフランシスコ公益委員会の本部ビルがその一例として関心を集めている。

 グリーンビズ誌によると、1億9000万ドルをかけて新築された13階建ての同ビルは、最新のスマート建物技術を活用して、アメリカ暖房冷凍空調学会の基準をエネルギー消費量で55%、電力需要で32%下回る省電力を実現した。

 一方、連邦政府の共通役務庁は、連邦政府の建物でもエネルギー消費量が高い50〜100棟の建物を対象に、建物監視システムを導入する契約をIBMに発注した。

 その監視システムは、クラウド基盤プラットフォームを使って中央施設に接続され、年間1500万ドルの電気代節約を達成すると… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る