太り過ぎでMRI検査できず〜米医療業界の新しい課題

 米国の医療現場で、より大きく強力な診断用造影機器の需要が高まっている。装置に収まらないほど太り過ぎた患者が増えたためで、肥満問題の深刻さを示す現象だが、医療検査器メーカーには商機をもたらしている。

■装置に体が入らない

 ウォールストリート・ジャーナルによると、メリーランド州在住の整備士デイビッド・ワシントン氏(57)は、昨年職場で腰を痛めたため病院で治療を受けようとしたが、630ポンドの巨体を断層撮影できる磁気共鳴画像装置(MRI)がどこにもなくて医師が正確な診断を下せず、手術も受けられない状態が続いている。氏は各地の病院に尋ね、シーメンスやゼネラル・エレクトリック(GE)などのメーカーにも問い合わせたが、自分の体が入る大きな装置を造っているところはなかった。

 造影機器メーカーはこの問題を新しい商機ととらえ、改良に… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る