子どもの声「防災計画に」 国連会議で東北の高校生

 【共同】東日本大震災の被災3県の高校生4人が22日、ジュネーブで開かれている国連の防災関係の会合で討論会に参加し「子どもたちの声を防災計画に積極的に取り入れて」と訴えた。各国の政府担当者に対しては「避難や防災に必要な情報の正確な発信」を求めた。

 福島県いわき市の福島工業高専2年、本田歩さん(16)は「今も放射線量が高い中で学校に通っている。福島の子どもたちの健康を守るために手を貸して」と会場に呼び掛けた。

 討論会後には、会合に出席している内閣府の亀岡偉民政務官と面会。岩手県陸前高田市の県立高田高3年、小友茜李さん(17)は「大人と子どもが一緒に防災計画を考えるべきだと伝えました」と話した。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る