東芝、 サイバーグリッドを買収 〜エネルギー管理ソリューションを強化

 東芝は3日、オーストリア企業サイバーグリッド(cyberGRID GmbH)の76%を買収したことを明らかにした。サイバーグリッドは、エネルギー管理ソリューションの開発およびプロバイダー。

 4トレーダーズ誌によると、東芝はスマート都市事業を欧州で展開しており、サイバーグリッドを傘下に収めることで、再生可能エネルギー事業がますます強まる欧州市場において電力管理を最適化する技術拡充を図る。

 東芝は、今後の事業展開としてスマート都市事業を成長分野として位置付けている。スマート・メーター開発大手のスイス企業ランディス+ギアー(Landis+Gyr)を買収したことも、同事業に関する東芝の戦略的買収の一環。

 東芝はまた、2013年2月に、米エネルギー管理技術会社のコンサート(Consert)を買収している。

 ランディス+ギアーとコンサート、そして今回のサイバーグリッドの買収によって、東芝は、欧州と米国でのスマート・メーター事業と電力消費効率化で存在感をさらに高め、同分野での世界的大手に躍進しつつある。

 サイバーグリッドの中核製品は、消費される電力量と多種多様の分散型発電の需給均衡を維持するためのVPP(Virtual Power Plant)ソリューション。

 VPPは、電力需要ピーク時に消費量を抑制したり電力調達を最適化する従来の手法に比べて需給均衡および需要反応(DR)のコストを大幅に抑えるとともに、二酸化炭素の排出を増やさないという利点を武器にする。

 電力会社は、サイバーグリッドのVPPを導入することで、基幹設備を大幅に改善することなく数ヵ月以内に新たな電力を確保できるようになる。VPPはスロヴェニアですでに商業利用されており、ユーロ圏での販売を好調に伸ばしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る