古い携帯を機械で買い取り〜「エコATM」増える

 携帯電話の販売増に伴い、使わなくなった電話機を処分する方法に選択肢が増えている。

 USAトゥデイによると、国内では現在、中古電話機の状態を自動的に査定して買い取り価格を提示する機械「エコATM(ecoATM)」がモールやスーパーマーケット165カ所以上に設置されている。同名のメーカー(サンディエゴ)は、年末までにこの数を倍増する予定だ。

 国立科学財団(NSF)の助成を受けるエコATMは、電話器にケーブルでつなぐことでATMが電話のスクリーン、ボタンなどの機能を調べ、価値を判断する技術を開発した。ATMに表示された代金は現金で受け取れるほか、全額または一部を希望の慈善団体に寄付することもできる。ただし、代金を受け取るには、電話器が盗品でなく… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年10月8日

    若者の自殺
    かなり重いテーマになってしまうのだけれど、最近、若い世代の自殺について考えさせられることが...
  2. 2023年10月6日

    フィレンツェの日々
    フィレンツェの遠景 誰にでもささやかな夢がある。イタリアで長い休暇を取ってみたかった娘家族は...
  3. 縦横無尽に川が流れ、湖や湿地帯、針葉樹林などの美しい自然が広がるピマチオウィン・アキ。世界複合遺産...
  4. こどもの進学の資金集め、老後の生活など、さまざまな理由で資産運用を始めたい人のために、アメ...
  5. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  6. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
  7. イヌワシやハヤブサなど、絶滅の危機に瀕している生物も多数生息するダイナソール州立公園 アルバ...
  8. プロベート(検認手続き)とは 長くアメリカに住んでいる方にもあまりよく知られていませ...
ページ上部へ戻る