定期健診は無意味か〜不必要な検査多いと英団体

 特に持病のない成人の多くが受けている年1回の総合健康診断は、一般に考えられているほど病気の予防、死亡率改善といった効果がないという調査結果を、英国の医療調査団体が発表した。

■死亡率は変わらず

 ウォールストリート・ジャーナルによると、調査を行ったコクラン・コラボレーション(Cochrane Collaboration)は、米国と欧州で18万人以上の成人を対象に行われた14件の臨床試験を分析し、何らかの健診を受けた人と受けなかった人を平均5年余り追跡して違いを調べた。健診の内容は、血液検査や肺機能検査があったり、問診や家族の病歴、健診の記録まで含んだりと一様ではない。

 この結果、9件の研究では、その後の追跡調査期間における全体の… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る