クリーンテック・オープン、6ヵ国に進出 〜 環境技術の起業家を後押し

 環境対応技術分野の新興企業を支援するアクセラレイターのクリーンテック・オープン(Cleantech Open)は、アルメニアとインド、マレーシア、パキスタン、南アフリカ、そしてトルコの6ヵ国に拠点を開設する。

 クリーンテクニカ誌によると、クリーンテック・オープンは6ヵ国の拠点において、エネルギー効率化や再生可能エネルギー、廃棄物の資源化、および水道効率の分野の技術革新をサポートしていく計画だ。グローバル・エンバイロメント・ファシリティ(GEF=Global Environment Facility)と国連工業開発機関(UNIDO)も支援を提供する。

 シリコン・バレーとボストンの環境技術業界有力者たちによって2005年に非営利団体としてカリフォルニア州パロ・アルトに設立されたクリーンテック・オープンは、それらの分野のアクセラレイターとして世界最大。これまでに800社以上の新興企業の起業や育成を支援し、その過程で調達した資金総額は約9億ドルに上る。

 クリーンテック・オープンは今後、6ヵ国で起業案コンテストを開催し、潜在性のある起業家を発掘する計画。各国で選抜された起業家は、2014年11月にシリコン・バレーを訪れ、潜在的な投資家と面会する。

 「発電や配電、蓄電、大気汚染防止、水質汚染防止、廃棄物管理、新交通システム、持続可能建築技術といった分野で課題解消を目指す起業家が世界各地にたくさんいる」と、クリーンテック・オープンのレックス・ノーザン代表は説明している。

 重要な技術革新を成し遂げるうえで資金力を誇る政府や大企業は大きな力になる可能性はあるが、一方で官僚主義的な動きの遅さがあることも否めない。ノース・カロライナ大学チャペル・ヒル校のキース・ソイヤー心理学者は、官僚主義が技術革新にとって真の障害だと論じている。

 アクセラレイターは、社会的使命の意識に駆られた個人を奨励することから、社会革新の一種と考えることもできる。クリーンテック・オープンの共同設立者マーク・ゴットチョーク氏は、プロテラ(Proterra)の開発責任者兼法律顧問を務めており、またもう一人の共同設立者レベッカ・フアン氏は、ユーヌードル(YouNoodle.com)を立ち上げたほか、スタンフォード大学の相談役を務めている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る