テスラ、モデルSを改良〜全輪駆動で航続距離も伸びる

 電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズは、高級EVセダン「モデルS」のうち、最も安いモデルの改良型を発表した。車載バッテリーの性能を引き上げたほか、全輪駆動(AWD)を採用。同時に販売価格も高くした。

 AP通信によると、改良モデルの名称は「モデルS 70D」で、価格は7万5000ドル。容量70キロワット時(kwh)の電池を搭載し、1回の充電で走れる距離は240マイルと従来モデルより15%長くなった。

 改良版の発表と同時に、最も安い7万ドルの「モデルS 60」は販売を終了した。従来モデルのバッテリー容量は60kwhで、後輪駆動だった。70Dの電動モーターの出力は従来版の380馬力から514馬力に上がった。

 イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)によると、7500ドルの連邦税控除を差し引けば70Dの価格は6万7500ドルになり、州によってはさらに税優遇がある。同じ高級中型セダンのBMW5シリーズ(5万ドル〜)、メルセデスベンツのEクラス(5万2000ドル〜)と比べ、ガソリン代の節約効果を考えれば価格は同等になるという。

 マスクCEOはまた、北東部など寒冷地の消費者を引きつけられるよう「テスラにはAWDモデルが必要だった」と説明する。同地方は高級車が売れる地域であり、ケリー・ブルー・ブックによると米高級車市場ではAWD車が約58%を占める。

 テスラは今年下半期、スポーツ多目的車(SUV)「モデルX」の発売も計画している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る