ビュイックの大半を海外生産に〜米国向けは中国や欧州から輸入

 米自動車メーカーの間で海外生産の拡大傾向が強まる中、2016年以降に米国で販売されるGMのビュイック部門は、ほとんどが中国や欧州からの輸入となる可能性がある。

 ロイター通信が関係者の話として伝えたところによると、ビュイックは16年末に小型セダン「ベラノ」の生産をミシガンから中国へ移す予定のほか、中型セダン「リーガル」の生産も17年にはカナダから中国か欧州に移す可能性が高く、北米でのビュイック生産は、中型セダン「ラクロス」と大型クロスオーバー「アンクレイブ」だけになる見込みだ。

 ラクロスは16年春のモデルチェンジに伴い、生産をミシガン州ハムトラミクに移す。アンクレイブのモデルチェンジは17年初頭の予定で、生産はミシガン州ランシングで続ける見通し。

 GMはこのほか、海外で生産した2モデルを新しく米国向けビュイックに加える計画で、16年初頭に小型コンバーチブル「カスケイダ」を欧州から、16年末に小型クロスオーバー「エンビジョン」を中国から輸入する。エンビジョンは14年に中国で生産を開始しており、カスケイダは今年初めにデトロイトの自動車ショーで発表した。

 現在韓国から輸入している小型クロスオーバー「アンコール」も、最終的には生産を中国に移すと見られている。

 ビュイックは、デトロイトで全米自動車労働組合(UAW)と労使契約交渉に入ろうとする一方でこうした生産移管を計画しており、UAWのGM担当者は「09年に公的資金を使って救済され、国内納税者の犠牲や組合の譲歩の上に経営を立て直した後に、海外から車を輸入するというのは正しい判断とは思えない」と批判している。

 ビュイックにとって中国は最大市場で、14年の新車販売台数は91万9582台と、米国(22万8963台)の4倍以上となっている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る