住宅用エネルギー管理システム、三つの成長要因 〜 テックナヴィオが予想

 世界の住宅用エネルギー管理システム(HEMS=home energy management systems)市場は、2019年までに20億ドルを超えると予想される。年率平均26.8%での成長が続く計算になる。調査会社のテックナヴィオが報告した。

 クリーンテクニカ誌が報じたテックナヴィオの調査報告によると、HEMSは、照明制御をはじめ、自動監視システムおよびサービス、プログラム可能型の接続型室温調節器、インテリジェントHVAC(heating, ventilation, and air conditioning)コントローラー、そして、先進型中央コントローラーという5つの製品分野によって構成される。

 それらの製品は、利用者が電化製品や機器類、各種の設備の電力消費量をリアルタイムで簡単に追跡でき、過去のデータと比較することで、節電意識を高め浪費を簡単に避けられる消費行動をうながし、電力消費量を減らす効果をもたらす。

 テックナヴィオでは、同市場の好調な成長の原動力として、次の三つが挙げられると指摘する。

1)節電意識の高まり
2)スマート・グリッドへの投資増加
3)電力会社とサービス・プロバイダーによる同梱サービスの台頭傾向

 市場動向に影響を与える要因としては次の二つが挙げられる。

1)主要企業による投資増加
2)エネルギー消費最適化の必要性

 エネルギー・コストは世界的に上昇しており、世界的な人口増や環境への悪影響から、エネルギー効率化と省エネルギーの意識は強まる一方で、それを受けてHEMSの需要の好調はしばらく続くとテックナヴィオは予想する。

 テックナヴィオによると、HEMS市場は現在、シスコ(Cisco)とGE、ハネウェル(Honeywell)、パナソニック、そしてシュナイダー・エレクトリック(Schneider Electric)の5社によって牛耳られている。

 しかし、ほかの準大手や新興企業の台頭もあるため、それらの5社は競争に備えて投資を強化するとみられる。

 一方、HEMS市場成長の妨げになる要因としては次の三つが想定される。

1)初期投資の大きさ
2)サービスの多様性が限定的
3)HEMS製品に関する全体的な意識の欠如

 しかし、新規参入組の増加によって、革新的なHEMSはより高い価値を末端利用者にもたらす製品に進化することで、さらなる市場成長が続くと予想される。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る