エネルギー供給コストを最適化 〜 新興企業のイノワッツ、機械学習で台頭

 電力会社やエネルギー小売会社をおもな対象とする機械学習プラットフォームを開発する新興企業のイノワッツ(Innowatts)は、エネルギー・コストの削減サービスによって好調に成長している。

 同社は2014年に、リライアント・エネルギー(Reliant Energy)の元社員シド・サクデヴァ氏によって設立された。

 グリーンテック・メディアによると、リライアントで供給と調達の責任者を務めた同氏は、効率化技術を開発する企業多数から企画提案を受けたが、リライアントの望んでいるような産業用途の特徴に欠けるものがほとんどだった。

 「経済性に対して明確な視点を持っていないものが多かった」と同氏は指摘する。

 同氏はそこで、リライアントを退職してイノワッツを設立した。エネルギー小売会社や電力会社、そしてその顧客のコスト削減を支援することを目指している。

 「エネルギー供給コストを最適化し、個別の顧客データのレベルで需要を予測できるようにする」と同氏は説明している。

 イノワッツの機械学習プラットフォームは、スマート・グリッドのデータや気象情報、資産データを活用して、最終負荷を個別に予測する。2014年夏の設立以来、すでにエネルギー小売4社と電力会社3社を顧客として取り込んでいる。

 同氏は、スマート・メーターがすでに導入されている地域から顧客開拓を始めたが、いまではスマート・メーターがない地域でも同社のプラットフォームを使えるようになった。同プラットフォームを導入することで、顧客への電力供給のコストを20%以上削減できる、とイノワッツは説明している。

 たとえば、エネルギー小売のジャスト・エネルギー(Just Energy)は、電力供給のコストと顧客維持のためにイノワッツのプラットフォームを使い、顧客の電気代が一定以上に達した場合に通知を発することによって、顧客側の不払いを予防するといった目的にも役立っている。

 イノワッツはヒューストンに拠点を構え、これまでに100万ドルを資金調達した。当面は北米市場、特に規制緩和の進んだ州をおもな標的市場とするが、欧州とアジアでも試験導入をすでに実行している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る