エネルギー供給コストを最適化 〜 新興企業のイノワッツ、機械学習で台頭

 電力会社やエネルギー小売会社をおもな対象とする機械学習プラットフォームを開発する新興企業のイノワッツ(Innowatts)は、エネルギー・コストの削減サービスによって好調に成長している。

 同社は2014年に、リライアント・エネルギー(Reliant Energy)の元社員シド・サクデヴァ氏によって設立された。

 グリーンテック・メディアによると、リライアントで供給と調達の責任者を務めた同氏は、効率化技術を開発する企業多数から企画提案を受けたが、リライアントの望んでいるような産業用途の特徴に欠けるものがほとんどだった。

 「経済性に対して明確な視点を持っていないものが多かった」と同氏は指摘する。

 同氏はそこで、リライアントを退職してイノワッツを設立した。エネルギー小売会社や電力会社、そしてその顧客のコスト削減を支援することを目指している。

 「エネルギー供給コストを最適化し、個別の顧客データのレベルで需要を予測できるようにする」と同氏は説明している。

 イノワッツの機械学習プラットフォームは、スマート・グリッドのデータや気象情報、資産データを活用して、最終負荷を個別に予測する。2014年夏の設立以来、すでにエネルギー小売4社と電力会社3社を顧客として取り込んでいる。

 同氏は、スマート・メーターがすでに導入されている地域から顧客開拓を始めたが、いまではスマート・メーターがない地域でも同社のプラットフォームを使えるようになった。同プラットフォームを導入することで、顧客への電力供給のコストを20%以上削減できる、とイノワッツは説明している。

 たとえば、エネルギー小売のジャスト・エネルギー(Just Energy)は、電力供給のコストと顧客維持のためにイノワッツのプラットフォームを使い、顧客の電気代が一定以上に達した場合に通知を発することによって、顧客側の不払いを予防するといった目的にも役立っている。

 イノワッツはヒューストンに拠点を構え、これまでに100万ドルを資金調達した。当面は北米市場、特に規制緩和の進んだ州をおもな標的市場とするが、欧州とアジアでも試験導入をすでに実行している。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る