電池をソフトウェアで管理して長時間化 〜 マイクロソフトやテスラらが提唱

 革新的な電池技術が近い将来に誕生する可能性が浮上している。PCワールド誌によると、マイクロソフトやテスラは、異なる複数種の電池を一つの機器に組み込んで電池消費をOSで管理する「ソフトウェア定義電池」によって、電池持続時間を劇的に伸ばすことができる、と提唱している。

 マイクロソフト(Microsoft)やテスラ(Tesla)、そのほかの技術大手から技術者たちが集結して編成された研究班の実験では、身体装着型端末の電池持続時間を約1時間、最大22%伸ばせる可能性が示された。

 電池技術を根本的に改良する場合と異なり、ソフトウェア定義電池(SDB=software-defined batteries)による持続時間増大は「大幅の個人化(personalized)が可能」と研究班は説明する。

 研究班は論文のなかで、電池にはさまざまな種類があるが、高容量電池は充電に何時間もかかり、逆に高速充電できる電池は容量が小さく、その化学的性質は理想的とは必ずしも言えない、と指摘。

 専用検出器ハブやコントローラーを実装した端末が実用化されていることに触れ、たとえば、高速充電と大容量といった特性を、それぞれ50%程度の水準で実現したスマートな専用電池も実現可能ではないか、と研究者らは考えた。

 既存の電池のほとんどは、専用充電コントローラーが独自のプログラミングに従って電池を充電しており、システムは定期的に更新状況を求めるだけだ。

 それに対し、研究班は、ウィンドウズ(Windows)またはそのほかのOSに充電器と「対話」させ、充電器を制御させることを提案。それによってシステムの総電池持続時間の最適化が可能になるという。

 充電制御機能をウィンドウズまたはグーグル・ナウ(Google Now)、あるいはマックOS(Mac OS)に組み込めば、利用者に合わせた各種の最適化が速やかに実現し、端末が利用者の予定や声を学習するのと同じように充電についても学べる可能性もある。

 研究班はSDBについて、コントローラー・ロジックのための追加コストが発生せず、ドローンやスマート・メガネ、電気自動車を含むさまざまの機器類に応用可能だと話している。

 研究班は今後、コルタナやグーグル・ナウのようなスマート・アシスタントによってSDBを制御可能かどうかを検証する計画だ。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  2. 突然ですが、女性の皆さんは、布ナプキンを使ったことはありますか? 実は私は一度も使ったことが...
  3. ご自身が生涯をかけて働き、築き上げ、成長させてきた資産があれば誰もが大切な人に受け継いで欲し...
  4. ある時、SNSを通じてTASKIという教育サポートグループが主催するウェビナーのお知らせが届...
  5. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  6. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  7. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  8. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
ページ上部へ戻る