GMにまた点火スイッチ問題〜トラックなど、今回は素早く対応

 ゼネラル・モーターズ(GM)は、ピックアップ・トラックなどで新しく点火スイッチの不具合が見つかったため、北米を中心に約3300台のリコール(回収・無償修理)を開始した。

 AP通信によると、対象は2014年型小型ピックアップ・トラック「シボレー・シルバラド」と「GMCシエラ」、15年型大型ピックアップ・トラック、および15年型多目的スポーツ車(SUV)の「シボレー・サバーバン」と「タホ」。車内の温度が高いと点火スイッチが「start」の位置に固定され、揺すぶったり室温が下がったりすると「accessory」の位置にずれてエンジンが停止し、パワーステアリングやパワーブレーキ、エアバッグが作動しなくなる恐れがある。

 「コバルト」など古い小型車モデルの260万台に上る大規模リコールに発展した昨年の点火スイッチ問題と似ているが、摩擦抵抗の不足でスイッチが回転してしまうコバルトと異なり、今回はロック・ギアの直径が規定より大きく回転しにくいのが原因。また前回は対応の遅れで169人の死者や多くの負傷者を出したが、今回は対象モデルのトラックを所有する社員が問題に気付き、新設された社内制度「Speak Up For Safety」を通じて上層部に報告したため、迅速にリコールを開始できた。

 同制度では、安全問題を会社に報告した社員に褒賞が与えられる。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る