太陽+蓄電の効果は変動料金で拡大 〜 サクラメントとサンヴァージの実験

 カリフォルニア州サクラメント市の公益会社は、時間帯によって変動する電気料金制度を導入して、太陽光発電と蓄電装置を設置した世帯での効果を調べている。

 グリーンテック・メディアによると、サクラメント自治体公益区(SMUD)は、新興企業のサンヴァージ(Sunverge)と協力して、太陽光発電と蓄電設備を設置している顧客34世帯でその実験を進めている。

 SMUDは、電力使用量が増える時間帯の特別料金を2012年以来、個人住宅向けに試験的に導入してきた。冷房使用が増加する夏の午後といったピーク時間帯の電力使用量を削減するための方策だ。

 サンヴァージは、過去2度の夏のあいだに太陽光発電と蓄電を設置した世帯がそのピーク時料金にどう反応するかを観察してきた。2015年6月から9月のデータを見るかぎり、変動料金が適用されている家庭ではピーク時の蓄電池使用が大幅に増加し、変動料金制度に大きな効果があることが示された。

 サンヴァージの計算では、変動料金の適用された家庭で9日間にわたる電気代節約金額が総計445ドルとなった。

 蓄電池は太陽光発電のみで充電され、送電網の電力で充電することはない、とサンヴァージのケン・マンソン最高経営責任者(CEO)は説明している。同社はまた、室温調節器や住宅全体のエネルギー・データ、気象予報データ、通信プラットフォームを使ったエネルギー管理技術も活用している。

 同様の概念は、住宅向け太陽光発電や蓄電、エネルギー管理システムを提供するほかの企業でも商業化を積極化させている。もっともよく知られているのは、テスラとソーラーシティーの提携関係を通じたサービスだ。そのほかにも、サンジェヴィティーやサンラン、エンフェイズ、サンパワーが、やはり提携関係を通じて類似サービスを提供している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る