ヴェスタス、風力タービンの研究開発を強化 〜 微風でも高出力、静音も実現

 風力発電開発を手がけるヴェスタス(Vestas)は、新しい風力タービンの研究開発を進めている。

 コロラド州グリーリーのトリビューン紙によると、同社は3メガワット・プラットフォームから派生した最新の製品「V136-3.45MW」タービンの最適化に取り組んでいる。風力が弱い状況での性能と清音化を特に重視し、出力量を高め、エネルギー・コストを低下させるのが狙いだ。

 風があまり吹いていない場所での性能を高めたV136-3.45MWは、同社の陸上ローターのなかで最大の直径で、鋼鉄塔に関する独自の特許技術や先進的な羽根(ブレード)設計によって高効率を実現した。V126-3.3MWに比べて年間出力量が10%以上高く、音量は小さくなった。

 新しいタービンの製造地は未定だ。ヴェスタスはコロラド州内4ヵ所に製造工場を持っているが、今後は別の場所での工場設置の可能性もほのめかされている。

 「開発計画の現場近くで製造することには大きな利点がある。当社の生産計画は地元の需要に依存しており、今後のことは状況次第だ」と、デンマークにある同社本社のマイケル・ザリン広報担当者は話す。

 同社は新しいタービンを世界各地で販売開始しており、「良い反応を感じられる」とザリン氏は話している。

 V136-3.45MWの設置第1号は2016年中で、デンマークの国立試験所となる見通しだ。2017年の下半期には本格的な生産体制に入る計画だ。

 ヴェスタスは、カーボン製羽根の研究開発を過去15年にわたって進めてきた。V136-3.45MWはもっとも先進的な製品で、軽量かつ耐久性に優れている。

 同社の落雷防止システムは業界でも最高水準の性能を誇り、さらに加速時間経過試験で製品寿命にわたる信頼性も確認している、とザリン氏は説明している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る