eリーダーは生き残れるか〜タブレットへの移行進む

 ネット通販大手アマゾンが独自開発した「キンドル」や書店大手バーンズ&ノーブルの「ヌック」など、読書機能だけを備えた電子書籍リーダー(eリーダー)は、2007年の登場以来人気の高い商品部門を形成したが、その後発売されたタブレット型多機能端末の小型化と価格低下で、存続が危ぶまれている。

 ウォールストリート・ジャーナルによると、ハイテク調査IDCの推定では、12年のeリーダー世界出荷台数は1990万台と前年(2770万台)から28%減少したが、タブレット出荷台数は1億2230万台に… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る