GMサーモンは環境に無害〜FDAが評価、販売認可へ

 連邦食品医薬品局(FDA)はこのほど、遺伝子組み換え(GM)サケの環境影響評価報告書で、「環境に害をもたらす可能性は低い」との判断を下した。遺伝子組み換え動物が初めて食用認可される可能性が高まってきた。

 AP通信によると、FDAが評価を行ったのは、アクアバウンティ(Aquabounty、マサチューセッツ州)が開発した成長の速いGMサケ「アクアアドバンテージ(AquaAdvantage)」。アトランティック・サーモンにキング・サーモンの成長ホルモン遺伝子とゲンゲと呼ばれる海水魚の… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る