キューバ旅行準備
〜ビザ・保険〜

 

さぁ、旅行が決まったら準備をしましょう!
在キューバ日本大使館のホームページにはこの様な記載がありました。

キューバ査証
観光目的の場合は、 「ツーリスト・カード」を在日キューバ大使館または旅行代理店などから購入すれば、原則として1回30日以内(30日間の延長可能)の滞在が認められます。 ツーリスト・カードは、キューバに乗り入れている航空会社のカウンターなどでも購入することができます。

ということは30日以内の観光はツーリスト・カードがあればOK

※これは日本のパスポートを持っている方の場合です。

ツーリストカード

そもそもこのカードはなんなのでしょう?
これはビザに代替となるもので、入国審査に必要な書類。
幾つか購入方法があるので、まとめてみました!

購入方法1

在日キューバ大使館で購入

在日キューバ大使館などから購入とあるので行ってみることに。

Embassy of the Republic of Cuba in Japan

すると大使館は大混在!
2回行ったものの結局カードは手に入れることができませんでした。笑

実は、近年キューバ大使館への仕事量が一気に増えたことで、対応が間に合わないそうです。ラッキーな場合は大使館でカードをゲットできるかもしれません。笑

 

購入方法2

代理店に依頼

● アメリカ在住に場合:Cuba Visa Servicesなどで購入可能

● 日本在住の場合:旅行代理店で取り扱っているそうです

 

購入方法3

空港で買う

(1)ゲート横専用窓口で購入

私達は、アメリカン航空を利用し、シャーロット空港を経由しました。
その乗り換えゲート横にある「Cuba Ready」という専用窓口で購入。
料金は100ドルでした。

(2) ハバナ空港で購入

もしもツーリストカードを持たないままハバナに着いてしまっても大丈夫。
空港内に購入カウンターがありました。

 

海外旅行保険

キューバ旅行の際にもう一つ必要なものは、健康保険です。

アメリカの保険会社のものは使えないという記事もみましたが、カスタマーサービスに問い合わせてOKでした。ですので、私はアメリカの保険会社の海外旅行保険を購入。

料金:私の場合は10日間で約20ドル

結論

キューバ旅行に絶対必要なモノ

(1)ツーリストカード
(2)海外旅行保険

 →持っていなくても最終的にハバナ空港内で買えるので心配なし!

アメリカ経由でキューバに入国する際は、アメリカに入るためのEstaやビザが必要になります。
日本などから旅行の場合は注意してくださいね!

キューバの貨幣

キューバは2種類の貨幣が存在します。

CUC(the Cuban Convertible Peso) 旅行者用

CUP(Cuban Peso) 現地の人用

貨幣の価値としては1.00CUC=$1.00 USDです。
ジュースはが1CUC、お昼ごはんが8CUCくらいするので、決して物価が安い国ではありませんでした。

地元の方が使うのがCUP。価値は1.00CUC=24CUPなので、「おっ!CUPで買い物をすれば安いじゃないか!」と思うのですが、
旅行者行く場所ではCUPの出番はほとんどないと思って良いですね。

CUPは地元の方が地元の物を買うためのお金。例えば政府からの配給など(実は配給もお金を払って買うんだそうですよ)

両替

USDからCUCに両替もできますが、10%のペナルティーがかかるため、
他の外貨からの両替の方がお得です。

日本円から両替出来るとことはほとんどないので、
メキシコペソかカナダドルを持っていった方がよいでしょう

注意

ATMを使って海外キャッシングも出来ます。
しかし!何種類試してもアメリカのカードは全く使うことが出来ませんでした。

キャッシングを利用する際は日本発行のカードを持っていきましょう!

クレジットカードについて

在キューバ領事館のホームページにこんな記載が。

キューバ滞在における要注意事項
キューバでは、キャッシュカードが全く使用できません。また、クレジットカードについても、使用できるカードは、ビザカード又はマスターカードで、かつ、米国の金融機関以外で決済されるカードのみです。キューバに来られる際は、現金をかなり持参する必要があります。

実際に行ってみて、全くカードは使えませんでした。
ですので、領事館の注意の通り、使う分の現金をしっかりと持って行きましょう。

洋服

とにかく暑い!私達が旅行したのは真冬の1月下旬。しかし、30度まで上がります。笑
私は半袖より短いトップス、短パンで常に過ごしていました。

ただ、朝晩ひんやりすることもあるので、長袖長ズボンを1枚づつあるといいと思います。

持っていくべきモノ

旅行先に行ってから買えばいいか、と私は思うタイプなのですが、社会主義でものがあまり流通しないキューバではそうは行きません。

生理用品、子供のおむつ

これは絶対にしっかり持っていくことをオススメします。
地元の方も手に入らなくで困るとおっしゃっていましたし、もちろん一度も見かけませんでした。

虫除け

私は初日夜に20箇所蚊にさされました。教訓。

入国前にすべきコト

アプリのダウンロード

キューバのwifi速度では気の遠くなるような時間がかかります。
ですので、スペイン語の会話集や地図などは先にいれておきましょう。

ちなみに、アメリカ製品のアップルは相性が良くないのと、回線によってはグーグルにログインできなかったり。
所々でアメリカとの壁を感じる瞬間がありました。

スペイン語

あぁーーー簡単な会話くらいは勉強しておけば良かったーというのが正直な感想です。
というのも、キューバ人は英語をほとんど話しません。
一応学校で教えているそうなのですが、Helloくらいしか話さない人ばかりだったので、
日本語ガイドさんに案内していただいて本当に助かりました。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. 万が一に備え十分な補償額を 自動車保険  公共交通機関が整備されていない地域もあるア...
  2.  今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  3. 2017年3月3日

    第54回 多人種社会
     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...
  4. 6日目 サンタフェ島 ↓ サウスプラザ島  海の動物にも興奮させられる。...
  5. 前回に引き続き、今回もアメリカでの不道徳行為、悪質な重犯罪やその他の犯罪による国外退去命令に...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る